アドエビス、業界初(※1)となる「媒体シンク機能」を提供開始。広告媒体とアドエビスの計測データを自動で集約し、広告成果レポート業務の効率化を支援

アドエビス

株式会社イルグルム(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進、以下「イルグルム」)は、広告効果測定プラットフォーム「アドエビス」において、業界初(※1)となる各広告媒体の計測データを自動取得し、広告効果測定ツールの計測データと自動結合する「媒体シンク機能」を2022年4月28日より提供開始しましたことをお知らせいたします。
「媒体シンク機能」は同日より提供開始する、新バージョン「アドエビス シンク」のアップデート第1弾となる機能であり、今後も計測における各広告媒体へのパラメータ入稿作業の負荷軽減をサポートする自動広告登録機能(※2)の追加などを予定しています。
※1:当社調べ(2022年4月28日現在)
※2:現在特許出願中(特許出願番号:2022-066046)


  「アドエビス シンク」特設サイト:https://go.ebis.ne.jp/lp_update2022/

広告成果レポート業務を効率化する「媒体シンク機能」

連携する媒体情報を設定するだけで、「広告コスト」「表示回数(インプレッション数)」といった各広告媒体にて計測している広告データをアドエビスが自動取得します。日次でデータを自動取得し、前日分までのデータを当日午前までにアドエビス管理画面上にてデータ反映を行います。そのため、従来週1回~月1回程度で実施されることの多い広告成果レポート業務も日次(※3)で行うことが可能です。
今後は連携広告媒体の追加の他、各広告媒体にて計測する「クリック数」「コンバージョン数」などのデータ自動取得の機能追加も予定しております。
※3:「Google広告」「Yahoo!広告」「Facebook広告」「LINE広告」が対象

≪連携済み媒体≫
Google広告 / Facebook(Instagram)広告 / Yahoo!広告 / LINE広告

・複数の広告媒体アカウントの計測データをアドエビスに集約
今回のバージョンアップにより、データ自動取得可能な広告媒体アカウント数を最大100アカウントまで拡大。複数の広告媒体かつ複数の広告媒体アカウントの広告データをアドエビスで一括管理できるため、施策全体の成果比較やレポーティングもアドエビスのみで簡単に行えるようになります。

・最小粒度の「広告」単位までデータ自動取得、評価可能
自動取得できるデータは広告媒体管理画面に登録している「広告」単位までと、これまでのアドエビスよりもさらに細かい粒度でデータ取得が可能となるため、各広告施策の成果をより詳細に確認しやすくなります。アドエビスで計測している各広告施策の成果データと併せて確認することで、よりスピーディーな費用対効果の確認や施策改善の高速化を支援します。

新たに「アドエビス シンク」のWeb動画を公開

本動画では、「新しくなったアドエビス」をキーワードに、広告効果データをスピーディーに把握・分析・活用できる「アドエビス シンク」の世界観を表現しています。多忙なWebマーケターとその上司に起こりがちな、広告の効果測定や広告運用、データ分析業務の課題を、「アドエビス シンク」によってテンポよく解決していくストーリーとなっています。現在、「広告進捗確認編」「レポート工数削減編」「トラッキング精度改善編」の動画を公開しています。

広告進捗確認編:https://youtu.be/_vXYqEenT1k
レポート工数削減編:https://youtu.be/lWjigz6XzzU
トラッキング精度改善編:https://youtu.be/W6mE9wqVnpA

「アドエビス」について

アドエビスは、高精度なデータで意思決定を支える広告効果測定プラットフォームです。 ユーザーのプライバシーにも配慮した計測データと、その分析・活用を通して企業がすすむべき未来を示します。
https://www.ebis.ne.jp/

本件に関するお問い合せ先

株式会社イルグルム 広報担当:小玉
問い合わせフォーム:https://go.ebis.ne.jp/contact/
TEL:03-3289-5051

株式会社イルグルム概要
会社名 株式会社イルグルム
大阪本社 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENTオフィスタワー8F
東京本社 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町12F
代表者 岩田 進(いわた すすむ)
設立 2001 年6 月4 日
事業内容 マーケティングDX支援サービスの提供
  • 広告効果測定プラットフォーム「アドエビス」
  • 運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」
  • 広告代理店向けクラウド案件管理ツール「アドナレッジ」
  • マーケティング特化型マッチングプラットフォーム「アドフープ」
  • EC特化型CX向上プラットフォーム「eZCX」
  • ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」
URL https://www.yrglm.co.jp/

2019年7月31日以前の記事は、旧商号「株式会社ロックオン」で記載しております。

Back to News