アドエビス、ビタブリッドジャパン執行役員 西守 穣氏がアドバイザーに就任

AD EBiS

株式会社イルグルム(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進、以下「イルグルム」)が提供する広告効果測定プラットフォーム「アドエビス」は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社で活躍後、株式会社ベクトルで「ビタブリッドジャパン」の立ち上げに従事し、現在は株式会社ビタブリッドジャパン 執行役員を務める西守 穣氏がアドバイザーに就任したことをお知らせいたします。

アドバイザー就任の背景

アドエビスは「データも、未来も見通しよく。」のブランドメッセージのもと、データ計測とその活用基盤の提供を通して、広告成果の可視化と投資対効果の向上をサポートする、広告効果測定プラットフォームです。2004年のサービス提供開始以降、累計導入実績は1万件を突破し、今年6月にはD2C(リピート通販)市場拡大に伴う競争激化で重要性が高まる「利益重視の広告評価」を実現するため、Web広告施策のLTV(Life Time Value/顧客生涯価値)を予測し未来の利益を可視化する、D2C向けLTV予測機能「LTVForecast」の提供を開始しています。
アドエビスではD2C向けのデータ利活用支援を今後さらに拡大するため、この度、D2C事業を中心に創業7年で年商100億円を突破した、ビタブリッドジャパンのマーケティングをけん引する西守 穣氏をアドバイザーとしてお迎えしました。西守氏の豊富な経験や知見をサービス開発へ活かすことにより、アドエビスはD2C市場に向けても、高精度なデータ計測とその分析・活用を通して、「誰でも」「簡単に」「スピーディーな」意思決定を可能にする環境を実現し、マーケティングによる企業の収益拡大に貢献してまいります。

西守 穣氏のコメント

ビタブリッドジャパン創業時から、事業になくてはならない基盤サービスとしてアドエビスを活用してきました。今回、そんなアドエビスのアドバイザーを務めさせていただくこととなり、とても嬉しく思います。アドエビスユーザーを代表して利用者の声を橋渡しする役目を果たすとともに、多くの方々にアドエビスをさらにご活用いただけるよう、サービス開発・改良にも尽力し、具体的なアドエビス活用方法などについてもお伝えできればと思っております。

西守 穣氏のプロフィール

中央大学在学中からベンチャー企業で働き、東証マザーズ上場を経験。その後、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、株式会社hontoを経て、総合PR会社の株式会社ベクトルへ。株式会社ベクトルでは社長室事業開発グループを創設、新規事業を担当。担当していた新規事業である、ビタブリッドジャパンの創設メンバーとして化粧品通販ビジネスの立ち上げに尽力し、創業7年で年商100億円まで到達。現在、同社執行役員としてCRM及び事業基盤領域を担当。

「アドエビス」について

アドエビスは、高精度なデータで意思決定を支える広告効果測定プラットフォームです。 ユーザーのプライバシーにも配慮した計測データと、その分析・活用を通して企業がすすむべき未来を示します。
https://www.ebis.ne.jp/

本件に関するお問い合せ先

株式会社イルグルム 広報担当:小玉
問い合わせフォーム:https://ebis.ne.jp/contact/
TEL:03-3289-5051

株式会社イルグルム概要
会社名 株式会社イルグルム
大阪本社 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京本社 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町12F
代表者 岩田 進(いわた すすむ)
設立 2001 年6 月4 日
事業内容 マーケティングDX支援サービスの提供
  • 広告効果測定プラットフォーム「アドエビス」
  • 運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」
  • 広告代理店向けクラウド案件管理ツール「アドナレッジ」
  • 広告代理店マッチングプラットフォーム「アドフープ」
  • EC特化型CX向上プラットフォーム「eZCX」
  • ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」
URL https://www.yrglm.co.jp/

2019年7月31日以前の記事は、旧商号「株式会社ロックオン」で記載しております。

Back to News