アドエビス、マーケターと共に次世代のサービスづくりに取り組む“共創型”開発プロジェクトをスタート。製品化に向けたプロジェクト投票を開始。

AD EBiS

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」においてマーケターの声を集め、共創する新機能開発プロジェクトをスタートし、2019年7月12日(金)よりプロジェクト投票を開始することをお知らせいたします。

マーケティングプラットフォーム「アドエビス」は、Web広告をはじめとした各種アクセスログの計測を通して企業のマーケティング活動を支援しています。企業のマーケティング活動に寄り添う姿勢は2004年の提供開始以来変わらず、2015年からは広告効果測定システムからマーケティングプラットフォームへブランドコンセプトを変更し、データの活用促進を更に強化しています。

プロジェクト開始の背景

近年はデジタルマーケティングを取り巻く環境が大きく変化しています。消費者の価値観の多様化が進み、企業はこれまで以上に多面的で細分化されたマーケティング戦略が求められ、直面しているマーケティング課題も多種多様です。

アドエビスでは、多様化が進むマーケティング課題にマーケターや広告運用者と共に向き合うソリューションの提供を目指しています。マーケティング現場の声を聞き、深く理解することで企業のマーケティングを飛躍的に進化させる新しい価値が生み出されると考えているからです。この度の共創型開発プロジェクトは、その方法の一つ。企業のマーケティング課題に共に向き合うことで、データとテクノロジーの力で解決に導くパートナーになりたいと考えています。

プロジェクト詳細

企業のマーケターや広告運用者が普段の業務で抱える課題を解決するため、5つの開発プロジェクトを用意し、投票を開始いたします。投票の結果、実現要望の多いプロジェクトにつきましては、直ちに研究開発をスタートし、年内にも正式リリースを行う予定です。

投票に参加いただいた方には、課題のヒアリングにご協力いただき、その声を製品開発に反映させていだきます。また、β版の無償提供や特別価格での正規版の利用等の特典もございます。詳細は以下のプロジェクト特設ページよりご確認ください。

プロジェクト特設ページ:https://www.ebis.ne.jp/new-project/

<応募期間>
2019/7/12(金)~2019/7/31(水)

<応募対象>
会社/各種法人/個人事業主


アドエビスは、マーケターの課題に寄り添うソリューションの共創を通し、デジタルマーケティングのより一層の支援に努めてまいります。

「アドエビス」について

「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:金 ナリ(きむ なり)
問い合わせフォーム:https://www.ebis.ne.jp/contact/
TEL:06-4795-7500

関連サイトURL

マーケティングプラットフォーム「アドエビス」


株式会社ロックオン概要
会社名 株式会社ロックオン
大阪本社 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京本社 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町12F
代表者 岩田 進(いわた すすむ)
設立 2001 年6 月4 日
事業内容 マーケティング ロボットの提供
  • マーケティングプラットフォーム「アドエビス」「THREe」
  • 商流プラットフォーム 「EC-CUBE」
  • 運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」
URL https://www.yrglm.co.jp/

2019年7月31日以前の記事は、旧商号「株式会社ロックオン」で記載しております。

Back to News