アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」において、オンライン上の流入施策が来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンに与えた影響を分析・評価できる機能を追加し、2019年2月4日(月)より提供を開始したことをお知らせいたします。

ECの浸透やデジタルマーケティングの進化により、顧客接点の多様化が進んでいます。販売チャネルのEC化に加え、Web広告やSNS、メルマガなどオンライン上の顧客接点を活用した販促活動も主流になってきています。実店舗にて商品・サービスの提供を行う不動産や美容などの事業者においても来店促進施策のデジタルシフトが進み、オンライン上の販促成果と実店舗の顧客情報を統合した成果判断へのニーズが高まっています。
また、SNSで見た服を店舗で試着し、ECサイトで購入するといったオンラインとオフラインをシームレスに行き来する消費行動が普及したことにより、オンライン販売を行う事業者においても、オムニチャネル化に注目が集まっています。

この度のリリースでは、実店舗や電話などオフライン環境で発生したコンバージョンをアドエビスに取り込むことで、オンラインとオフラインデータを統合した広告成果の判断とアトリビューション分析が可能となります。さらにアドエビスと顧客データを連携することで、施策単位でのライフタイムバリューやリピート率、引き上げ率などの確認もできるようになります。オムニチャネルの実現により、顧客特性に合わせたOne to Oneマーケティングを可能とするとともに、これまで以上に収益性を加味した施策実施と成果判定が可能になります。

エンドースメント

本リリースにあたり、株式会社アドウェイズ ビジネスデベロップメントグループ マーケティングディビジョン ヴァイスゼネラルマネージャの中村 真綾様よりエンドースメントを頂戴しております。

「弊社が広告運用を担当する広告主様より、架電による申し込みもあるため、広告の正確な評価が難しいとご相談をいただくことが多々ありました。リアルCVに関しては、お客様はもちろん、お客様の広告を運用する代理店としても確認したい指標となりますので、管理画面上で閲覧が可能となったことでプロモーションの幅が広がると感じています。」

今後もアドエビスは、オンラインとオフラインを統合したデータ分析基盤の提供を通してオムニチャネル化を支援し、広告配信やCRM施策の分析といったさらなる機能拡充で企業のマーケティング活動における投資効果の最大化に貢献してまいります。

「アドエビス」について

「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:金 ナリ(きむ なり)
問い合わせフォーム:https://www.ebis.ne.jp/contact/
TEL:06-4795-7500

※ 2019年7月31日以前の記事は、旧商号「株式会社ロックオン」で記載しております。

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.04.10アドエビス、広告配信プラットフォームとの連携実績21社突破!プラットフォーム間の広告評価基準を統一できる「ポストバック機能」が順次拡大中。
  2. 2019.03.26マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、最新版Safari搭載のITP2.1に対応。
  3. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  4. 2019.03.05アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~
  5. 2019.01.09アドエビス、BIツール導入におけるシステム構築支援サービスを開始。 ~データ連携とレポート画面の構築支援で、ツール導入時の課題を解消、迅速な経営判断をサポート~