eマーケティング効果測定システム「EBiS」のAPIを提供開始

株式会社ロックオン(本社: 大阪府大阪市、代表取締役社長:岩田進)は、eマーケティング効果測定システム「EBiS(エビス)」のAPI(Application Program Interface)のベータ版の提供を開始致します。効果測定サービスとしては日本初(当社調べ)の提供となります。

EBiS-APIサービス提供開始にあたり

これまでの効果測定システムは、特定のウェブページが読み込まれたことを、擬似的に成果と見なしておりました。しかし、本来、企業にとっての成果は、成果ページの読み込みではなく、企業にもたらされた利益で判定されるべきものであります。実際一部の先進的な企業においては、効果測定システムと顧客情報を連携したマーケティング活動を独自に構築されていました。
例えば、クレジットカードの申込者獲得を目的としたマーケティング活動においての成果は、資料請求完了ページの読み込みではなく、捺印された申込書が返送された時点であり、健康食品のECサイトにおいては、サンプル請求完了ページの読み込みではなく、1年後にも継続して購入いただけるようなリピート顧客獲得と言えます。
そこで、この度、株式会社ロックオンでは、国内トップクラスのeマーケティング効果測定システムEBiSに蓄積されたデータを外部システムから利用することが可能となるEBiS-APIサービスを提供するに至りました。これにより、企業は、CRMシステムなど、企業にとっての本来の成果が蓄積された独自のシステムと、EBiSが蓄積するeマーケティング効果測定データをより有効に利用することが可能となり、低価格で、高度なマーケティングの実現を提供いたします。
今後、株式会社ロックオンでは、EBiS-APIを活用したサンプルプログラムの提供を行い、より利便性の高い効果測定サービスを追求して参ります。

関連サイト

EBiSオフィシャルサイト URL: https://www.ebis.ne.jp

※ 2019年7月31日以前の記事は、旧商号「株式会社ロックオン」で記載しております。

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.04.10アドエビス、広告配信プラットフォームとの連携実績21社突破!プラットフォーム間の広告評価基準を統一できる「ポストバック機能」が順次拡大中。
  2. 2019.03.26マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、最新版Safari搭載のITP2.1に対応。
  3. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  4. 2019.03.05アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~
  5. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。