株式会社ロックオン、『カスタマージャーニー分析』機能の導入事例をMarkeZineで公開。~レバレジーズが手掛ける急成長の転職サービスを支える、カスタマージャーニー分析基盤とは~

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」の最新機能で、ユーザーの行動履歴(カスタマージャーニー)を可視化し評価する「カスタマージャーニー分析」の信頼性を高めた導入実績として、IT・Web領域や看護領域の人材紹介事業を手掛けるレバレジーズ株式会社様(以下、レバレジーズ様)の導入・活用事例を2016年7月21日、マーケター向け専門メディア「MarkeZine」で公開いたしました。

160721_ebis

レバレジーズ様導入事例はこちら:http://markezine.jp/article/detail/24741

「カスタマージャーニー分析」はユーザーの接触履歴を可視化し、ヒト軸でマーケティング評価できる、アドエビス独自の考え方・仕組みに基づく最新機能です。広告運用をインハウスで行うレバレジーズ様では、メディアの急成長を支える基盤として2013年よりアドエビスを導入、直後に大きな成果を残すと共に、継続的な事業拡大を支援させていただくパートナーとして当社と取り組みを続けてまいりました。マーケティング戦略の一環である「すでに顕在化した顧客の獲得だけでなく、顧客創出・ブランディングも並行して取り組みたい」という意向に対して効果測定基盤が必要となることから、今回「カスタマージャーニー分析」機能を新たに追加導入されました。
独自で行われているアンケートの結果と、カスタマージャーニー分析によるフロー単位での分析を組み合わせることで、アンケートで計測するスコアの向上に、どのような広告やコンテンツが効いているのかを瞬時に分析できるようになった点を高く評価をいただきました。

160721_ebis2

【参考画像】レバレジーズ様でのアドエビス導入前後のマーケティング成果推移

160721_ebis3

【参考画像】カスタマージャーニー分析機能の画面イメージ

カスタマージャーニー分析機能のバージョンUPとセミナー開催について

カスタマージャーニー分析をご利用のお客様より追加要望等フィードバックを多数いただき、今後これらを順次搭載していく予定です。その第一弾として、機能追加・改善を2016年7月31日にリリースする予定です。
カスタマージャーニー分析 好評につき特別セミナーの開催が決定
カスタマージャーニー分析に関連した特別セミナー(2016年8月5日)や代理店様向けセミナー(随時)を実施いたします。潜在層向け施策によって得た成果をどのように評価するべきか?をテーマに株式会社ロックオンが新しく取り組みを開始した「カスタマージャーニー分析」「アドエビスリサーチ」にフォーカスしてご紹介します。

『獲得施策依存のマーケティングからの脱却』
~カスタマージャーニー分析・アドエビスリサーチ紹介セミナー~
詳細はコチラ:https://www.ebis.ne.jp/college/detail.php?seminar=241

「アドエビス」について

「アドエビス」は、広告効果測定システムを中心とした「測定」機能と、そこで蓄積されたマーケティングデータを「活用」する機能の2つの機能により、企業と消費者のコミュニケーションを最適化することを目的とした、株式会社ロックオンが開発・提供するマーケティングプラットフォームです。

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:梶原
問い合わせフォーム:https://secure.ebis.ne.jp/ssl/contact/
TEL:06-4795-7500

※ 2019年7月31日以前の記事は、旧商号「株式会社ロックオン」で記載しております。

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.04.10アドエビス、広告配信プラットフォームとの連携実績21社突破!プラットフォーム間の広告評価基準を統一できる「ポストバック機能」が順次拡大中。
  2. 2019.03.26マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、最新版Safari搭載のITP2.1に対応。
  3. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  4. 2019.03.05アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~
  5. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。