株式会社ロックオン、プラグインによる拡張性を更に広げた EC-CUBE最新版「EC-CUBE 3.0.9」をリリース。

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:岩田 進)は、2016年2月17日、プラグインによる拡張性を更に広げた、日本No.1 EC構築オープンソース(※)「EC-CUBE」の最新版「EC-CUBE 3.0.9」をリリースすることを発表いたします。
「EC-CUBE」はプラグインにより簡単に機能追加することができるECオープンプラットフォームです。プラグイン数は2015年12月時点で、500件を超え、国内でも類を見ないEコマースのプラットフォームになっています。この度リリースした「EC-CUBE 3.0.9」は日本全国の開発コミュニティ―からのフィードバックを元に、プラグイン機能の拡張性を更に向上させたバージョンです。これにより、プラグインがより簡単に作りやすくなるだけではなく、プラグインで行える機能の幅も格段に広がるため、「EC-CUBE」のプラットフォーム拡大が更に加速することが期待できます。

「EC-CUBE 3.0.9」の特徴は以下の通りです。
・プラグインの追加可能箇所(フックポイント)を200か所以上追加
・よりシンプルでプラグイン開発がしやすい構造に改修
・プラグイン同士の競合が発生しにくい構造に改修
・プログラムが分からないWebデザイナーでも簡単にデザイン修正ができるよう改修
(CSSの命名規則にBEMを採用)
・プラグイン開発ツール(コマンドラインツール)の拡張による開発効率向上

「EC-CUBE 3.0.9」のダウンロードはこちら

EC-CUBE 3.0の開発状況

「EC-CUBE 3.0.9」は、2015年7月の「EC-CUBE 3.0」リリース後に公開された多数のプラグイン開発者からのフィードバックに対し、EC-CUBE開発コミュニティのエンジニアに協力いただき対応しています。本最新バージョンリリース後も、引き続き、EC-CUBE開発コミュニティの多くのエンジニアに協力をいただき継続して開発を続けてまいります。

EC-CUBE 3.0.9について

「EC-CUBE 3.0.9」では、プラグインによる拡張性の向上を中心に、最新版リリース後によせられた機能要望・不具合報告に対応いたしました。対応内容についてはこちらをご覧ください

「EC-CUBE」について

ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は、株式会社ロックオンが開発したECサイト構築パッケージをオープンソースとして2006年9月に公開したもので、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定されており(※)推定22,000店舗以上で実際に稼働しております(当社調べ)。2014年9月には企業間商取引(BtoB)向けECサイト構築パッケージ「EC-CUBE B2B」をリリース。2015年7月には内部構造を全面刷新し、「拡張性の向上」を追求した「EC-CUBE 3」をリリースしております。

「EC-CUBE」オフィシャルサイト
「EC-CUBE」開発コミュニティ
「EC-CUBE」多言語版オフィシャルサイト
「EC-CUBE B2B」特設サイト
ネットショップの壺powered by「EC-CUBE」

※:独立行政法人情報処理推進機構「第3 回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:梶原
お問い合わせフォーム: お問い合わせフォーム
TEL :06-4795-7500

※ 2019年7月31日以前の記事は、旧商号「株式会社ロックオン」で記載しております。

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.07.30株式会社ロックオン、「株式会社イルグルム」へ商号を変更 ~ データとテクノロジーで理想の世界の実現を目指す ~
  2. 2019.05.08株式会社ロックオン、「株式会社イルグルム」へ商号を変更
  3. 2019.02.12株式会社ロックオン、2019年版日本における「働きがいのある会社」ランキングで7年連続、8度目となるベストカンパニーを受賞
  4. 2018.12.20EC-CUBEと越境EC自動出品サービス「LISUTO!」がパートナーシップ契約を締結。AIが日本語の商品情報を自動最適化。手間なく世界中のECモールへ販路拡大が可能に
  5. 2018.12.19新しいEC-CUBEコミュニティを体感できるパートナー向けイベント「EC-CUBEパートナー新年会2019」を2019年1月24日(木)、東京 銀座で開催~ We are Community ! これからのEC-CUBEを創造する新しいネットワーキングイベント ~