第3世代リスティング広告マネージメントサービス「THREe(スリー)」に『ソーシャルキーワードアドバイス機能』を搭載

株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表取締役社長:岩田進)は、第3世代リスティング広告マネージメントサービス「THREe(スリー)」(以下THREe)に、『ソーシャルキーワードアドバイス機能』をリリースすることを発表します。

リリースの背景

2012年5月時点での日本のソーシャルメディア(Facebook、twitter、ブログ等)人口の推計値は、前年比143%、利用人口は5,000万人以上であり、今後も益々拡大していく市場であるといわれています。また、ソーシャルメディアを利用する事で、トレンドキーワードのクチコミによる広がりは甚大であり、一般企業もソーシャルメディアは非常に重要な手法と位置づけ、積極的に活用しているのが現状です。
リスティング広告の運用業務においては、関連キーワードやトレンドキーワードを検討し、高頻度で入稿作業を行うことが重要ですが、このようにソーシャルメディア上で急速に展開するキーワードを思考し、登録反映する作業を人が行うことは困難を極めます。
そこで、今回「THREe」では、市場で急速に広がるトレンドキーワードを、テクノロジーにより自動的に抽出しリアルタイムにリスティング広告へ入稿する機能、『ソーシャルキーワードアドバイス機能』の搭載に至りました。

『ソーシャルキーワードアドバイス機能』概要

データセクション株式会社が提供する「Social Media Analyze API」を利用し、ソーシャルメディア(Facebook、twitter、ブログ、ニュースサイト等)で話題に上がっているキーワードをTHREeに取り込み、リスティング広告へ入稿する機能です。
今後、キーワードのネガティブワード、ポジティブワードという情報をデータマイニングにより判定することができるようになりますので、キーワードを判断した上で登録まですすめていただくことも可能となります。

この機能は、通常料金で利用可能としていますので、広告代理店様からクライアント様に至るまで、幅広く利用される事を想定しています。

関連サイトURL

■データセクション株式会社概要
本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-2 太陽生命渋谷ビル7階
代表者 :澤 博史(さわひろふみ)
設立 :2000年7月11日
事業内容:リスクマネジメントサービス事業
知識オペレーティングシステムの開発
データベース型コンテンツの提供
インターネットビジネス調査事業
セミナー、執筆事業
コンサルティング事業
Webサイト・デザイン・プロデュース事業

URL:http://www.datasection.co.jp/

※ 2019年7月31日以前の記事は、旧商号「株式会社ロックオン」で記載しております。

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.07.30株式会社ロックオン、「株式会社イルグルム」へ商号を変更 ~ データとテクノロジーで理想の世界の実現を目指す ~
  2. 2019.05.08株式会社ロックオン、「株式会社イルグルム」へ商号を変更
  3. 2019.02.12株式会社ロックオン、2019年版日本における「働きがいのある会社」ランキングで7年連続、8度目となるベストカンパニーを受賞
  4. 2018.12.20EC-CUBEと越境EC自動出品サービス「LISUTO!」がパートナーシップ契約を締結。AIが日本語の商品情報を自動最適化。手間なく世界中のECモールへ販路拡大が可能に
  5. 2018.12.19新しいEC-CUBEコミュニティを体感できるパートナー向けイベント「EC-CUBEパートナー新年会2019」を2019年1月24日(木)、東京 銀座で開催~ We are Community ! これからのEC-CUBEを創造する新しいネットワーキングイベント ~