株式会社ロックオンの日本No.1 ECオープンソース※1「EC-CUBE」、申請構築事例が2,000件突破

株式会社ロックオン(所在地:大阪府大阪市 代表取締役社長:岩田 進)は、自由にソフトをダウンロードし、無料でECサイト構築ができる「EC-CUBE」において、申請により報告された構築事例が2,000件を突破したことを発表いたしました。※2

これは利用者により申請専用フォームから報告された構築事例のみの数であり、実際にはこの10倍以上が「EC-CUBE」を利用し、ECサイトを運営していると考えられています。その数は国内最大手のショッピングモールの約半数にあたります。

構築事例申請のペースについても、2006年10月の「EC-CUBE」リリースから3年5ヶ月で1,000件を記録した後、1年という短期間で2,000件を突破しています。
また、2011年3月の「EC-CUBE」2.11系発表から1年で20万ダウンロードを記録し、前バージョンの1 系を含めた累計ダウンロード数は50万以上となりました。

株式会社ロックオンは2012年5月に、「EC-CUBE」に自由に機能を追加できる「プラグイン機能」を搭載した「EC-CUBE2.12」のリリースを計画しており、その後も「EC-CUBE」のさらなる普及に向け、カスタマイズ性の向上や安定化を図り、継続的なリリースを続けて参ります。

※1 : 独立行政法人情報処理推進機構「第3 回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による
※2 : 構築事例紹介ページURL : https://www.ec-cube.net/product/cases/backnumber.php

「EC-CUBE」について

日本No.1 ECオープンソース※1「EC-CUBE」は、株式会社ロックオンが開発したECサイト構築パッケージを2006年9月にオープンソースとして公開したもので、現在推定17,000店舗以上で実際に稼働しています(当社調べ)。
「EC-CUBE」本体は無料でダウンロードでき、「EC-CUBE」のカスタマイズなどのサービスを提供する会社も増えていることから、サイト構築の基本コストを抑え、運用に注力したい店舗主層の注目を集めており、今後ますます普及が進むと予想されています。

関連サイトURL

※ 2019年7月31日以前の記事は、旧商号「株式会社ロックオン」で記載しております。

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.07.30株式会社ロックオン、「株式会社イルグルム」へ商号を変更 ~ データとテクノロジーで理想の世界の実現を目指す ~
  2. 2019.05.08株式会社ロックオン、「株式会社イルグルム」へ商号を変更
  3. 2019.02.12株式会社ロックオン、2019年版日本における「働きがいのある会社」ランキングで7年連続、8度目となるベストカンパニーを受賞
  4. 2018.12.20EC-CUBEと越境EC自動出品サービス「LISUTO!」がパートナーシップ契約を締結。AIが日本語の商品情報を自動最適化。手間なく世界中のECモールへ販路拡大が可能に
  5. 2018.12.19新しいEC-CUBEコミュニティを体感できるパートナー向けイベント「EC-CUBEパートナー新年会2019」を2019年1月24日(木)、東京 銀座で開催~ We are Community ! これからのEC-CUBEを創造する新しいネットワーキングイベント ~