広告効果測定サービス「アドエビス」でユーザーの経由してきた広告(間接効果広告)の閲覧性が向上

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:岩田進)は、提供するインターネット広告効果測定サービス「アドエビス」のバージョンアップを行い、ユーザーの経由してきた広告(間接効果広告)の閲覧性を向上させました。

リリースの詳細

コンバージョンの数だけで効果検証・測定を行うとミスリードをしてしまう可能性が高 いというのは、今や当たり前の考え方になってきています。
しかし、多くの企業・代理店がコンバージョンの数や、それに付随するCPC やCPA な どの指標で広告の効果を検証・測定しているのが現状です。
「アドエビス」では、従来からコンバージョンに至ったユーザーが過去に接触した広告 を表示する機能がありましたが、経由してきた広告を固有の広告ID にて表示することしか 出来ませんでした。
今回のバージョンアップによって、媒体種別や広告名、別途指定したグループなどで表 示することが可能となり、より迅速にレポーティングが可能になることで、利益を生まな い広告(間接効果広告)への予算投下を回避し、利益に繋がる広告に予算を集中投下でき るようになりました。

関連サイトURL

インターネット広告効果測定システム【アドエビス】

http://www.ebis.ne.jp/

※ 2019年7月31日以前の記事は、旧商号「株式会社ロックオン」で記載しております。

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.04.10アドエビス、広告配信プラットフォームとの連携実績21社突破!プラットフォーム間の広告評価基準を統一できる「ポストバック機能」が順次拡大中。
  2. 2019.03.26マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、最新版Safari搭載のITP2.1に対応。
  3. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  4. 2019.03.05アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~
  5. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。