新しい効果指標「TCPA」を活用したキャンペーンの全体最適化サービスの提供及び、3 社限定無償提供を開始

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:岩田 進)は、インターネット広告の新しい効果指標「TCPA」を活用した、キャンペーンの全体最適サービスの提供を開始しいたしました。

新しい効果指標「TCPA」について

インターネット広告において、CPA は獲得効率を評価するために広く利用されてい ます。しかしCPA は、獲得を目的としないバナー広告やリスティング広告のビッグワ ードなどの効果計測には適しておらず、CPA を追い求めるばかりに全体最適から遠ざ かってしまった事例も見受けられます。
効果指標の一つであるアシスト(間接効果)は、それを解決するものになると期待 されましたが、概念にとどまっており、多くの場合、実用的な効果指標には至ってい ません。
今回、マーケティングメトリックス研究所が開発した、新しい効果指標である 「TCPA」は、シンプルな分析で最適な広告の組み合わせや予算配分が可能になり、全 体最適により近付けることが可能となります。

「TCPA」を活用したキャンペーンの全体最適サービス詳細

内容:TCPA を用いて、全体最適の中で広告を評価します。
また、それを基にして次期広告プラン・基礎分析・TCPA 分析結果を レポートとして提出します。
費用:200 万円
※データ量や内容によって、費用が異なる場合がございます。

TCPA を活用したキャンペーン全体最適サービスの無償提供について

今回のサービス提供開始に合わせて、先着で3 社様に限定してTCPA を活用したキャ ンペーン全体最適化サービスを無償でご提供させて頂きます。
提供するに当たり、広告効果測定ツール(アドエビスでなくても構いません)の間接 効果指標を取得されており、利用・活用が出来ていない企業様に限らせて頂きます。
(競合他社様はお断りさせて頂きます。)

関連サイトURL

マーケティングメトリックス研究所

http://www.mm-lab.jp/

※ 2019年7月31日以前の記事は、旧商号「株式会社ロックオン」で記載しております。

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.07.30株式会社ロックオン、「株式会社イルグルム」へ商号を変更 ~ データとテクノロジーで理想の世界の実現を目指す ~
  2. 2019.05.08株式会社ロックオン、「株式会社イルグルム」へ商号を変更
  3. 2019.02.12株式会社ロックオン、2019年版日本における「働きがいのある会社」ランキングで7年連続、8度目となるベストカンパニーを受賞
  4. 2018.12.20EC-CUBEと越境EC自動出品サービス「LISUTO!」がパートナーシップ契約を締結。AIが日本語の商品情報を自動最適化。手間なく世界中のECモールへ販路拡大が可能に
  5. 2018.12.19新しいEC-CUBEコミュニティを体感できるパートナー向けイベント「EC-CUBEパートナー新年会2019」を2019年1月24日(木)、東京 銀座で開催~ We are Community ! これからのEC-CUBEを創造する新しいネットワーキングイベント ~